乗り物大好きカミングアウト

本当は乗り物が大好きです。隠してました。ごめんなさい。

トワイライトエクスプレス引退・・・その後の車両の返却の姿を実況するツイートに驚いた話

寝台特急トワイライトエクスプレスが3/12の運行を最後に引退するというニュース。

トワイライトエクスプレス - Wikipedia

運良くチケットを取ることが出来た人や駅まで見送りに行く人がいて、行動力のある人たちだなぁと感心していましたが、驚いたのは、引退後、到着した札幌から出発地であるJR西日本の管轄まで追いかける人がいるという事実。

盲点でした。

この行動力、情報収集力はぜひ見習いたいと思うのでした。

箱根一泊二日旅行。渋滞回避は、楽だけどちょっと味気ない?

紅葉シーズンには少し早いですが、箱根に一泊二日の旅行に行ってきました。

箱根名代の甘酒茶屋

今回は渋滞をひたすら回避しようと、土曜日午後の出発です。東名高速小田原厚木道路~箱根新道で箱根入り。毎度午前から20kmは伸びる渋滞も、期待通りすべて解消していて快適ドライブでした。

途中、甘酒茶屋で休憩です。この甘酒茶屋。江戸初期創業だそうで、昔はこの一帯に何軒もあった茶屋も、ここのみを残すのだそうです。風情があります。

f:id:eatmorefish:20141101155732j:plainf:id:eatmorefish:20141101153745j:plain

f:id:eatmorefish:20141101155947j:plain


箱根 二子山 甘酒茶屋【公式】サイトへようこそ

箱根湯の花温泉ホテル

今晩宿泊するのは、箱根湯の花沢温泉にある「箱根湯の花温泉ホテル」です。ひたすら解放感に溢れた渡り廊下の造りは見ごたえあります。

食事の方はオーソドックスなコース形式でした。酒飲みの方は、ビールも日本酒もやや高めに設定*1されているのでご注意下さい。

温泉は単純硫黄泉です。鼻に臭いがツーンときます。

f:id:eatmorefish:20141102073628j:plain

f:id:eatmorefish:20141102074101j:plain


トップページ |箱根湯の花温泉ホテル-プリンスホテル

富士屋ホテル

帰りは、箱根駅伝の走路と同じく国道一号線を下ります。途中、富士屋ホテルに車を止めて休憩。うーん、一度泊まっておくべきですね。併設するパン屋「ピコット」で、カレーパンやらレーズンパンを買って、家路を急ぎます。

f:id:eatmorefish:20141102105713j:plain

f:id:eatmorefish:20141102110232j:plain

<公式サイト>富士屋ホテル (ベストレート宣言) 箱根・宮ノ下のクラシックホテル | 温泉 宿泊 ランチ

帰りも渋滞知らず

午前中に箱根を出発したので、当然帰りも快調ペースです。1時間30分くらいで帰宅できました。

ただ、渋滞はないに越したことはないですが、何とも味気ないというか・・・。旅行というものは少し苦労するくらいが思い出にも残って良いのかも知れませんね。善し悪しかなと感じた駆け足ツアーでした。

*1:菊正宗1合900円弱…

新しいゴルフヴァリアントを見に行く・・・こんなの絶対欲しくなりますわ。

f:id:eatmorefish:20140928164941j:plain

近所にフォルクスワーゲンの新車ディーラー「Volkswagen東名川崎」があるので、ちょっと覗いてみました。

最近のフォルクスワーゲンは、どの車種もデザイン、機能ともに大好物なものばかりです。その中でも取り分け新しいゴルフヴァリアントが気に入っていまして、予算もないのに店内にズカズカと入り込み、運転席に座らせてもらい、ああ、イイなぁ、これならどこまででも疲れ知らずで走り続けられそうだなーとか、妄想の中でドライブが始まったり。

今回は時間がない(予算もないです。大事なことなので二回目)ので、試乗せずカタログだけ頂いて退散しました。

後で調べてみたのですが、こちらVW東名川崎はボークス株式会社さんというところのようです。今まで港北ニュータウンにある神奈川トヨタの系列店でお世話になっていましたが、全く関係ないのですね。接客は非常に好感が持てました。

Volkswagen東名川崎

VW、audiオーナーの聖地「maniacs STADIUM」に行ってきました。

f:id:eatmorefish:20140928125441j:plain

フォルクスワーゲンアウディのパーツ販売で有名なmaniacsさんの実店舗「maniacs STADIUM」に行ってきました。

第三京浜港北インターから程近いところにあります。工業団地のど真ん中という感じで、maniacsのロゴマークが発見できないと道に迷いそうな感じがしました。移転して間もないとのことでカーナビも住所頼りになるのでご注意を。

初めて訪ねたmaniacs STADIUMは、建物が大変綺麗でオシャレでした。1階の工場ではまさに何かのパーツを取り付けられているGOLFが。カッコイイ。2階のショップでは、機能部品から飾り、雑貨などたくさんのアイテムが綺麗に並べられています。

今回は場所の確認がてらちょっとした見物でしたが、Webショップで購入したものを取り付けてもらう際に、また訪れたいと思います。


maniacs STADIUM - マニアックス株式会社

中古車ショップを眺める楽しみ(ミヤマエオート編)

f:id:eatmorefish:20140923060025j:plain

中古車ショップの店頭に並ぶ車を眺めるのが好きです。カテゴリを絞ったお店が特に良い。

ウォーキング中によく通りがかるこちらのお店「ミヤマエオート」は、欧州車に強い模様。写真のルノーは見るからに手間がかかりそうですが、愛嬌のある顔していて、可愛がってやりたいですねぇ。

Welcome to Miyamae Auto

1泊2日で鹿児島旅行に行ってきました。【二日目】

霧島神宮へ。無事にお守りを返納。

朝から霧島神宮を目指します。f:id:eatmorefish:20140907103841j:plain

荘厳な雰囲気を醸しています。パワースポットとしても人気だそうです。今回の旅行の目的、おまもりの返納無事完了。

霧島神話の里公園の絶景

f:id:eatmorefish:20140907112740j:plain

霧島神宮への参拝を終え、帰りの飛行機まで時間があるので、途中の「霧島神話の里公園」に立ち寄ります。

SL型のバスに乗ると山の上の方まで連れて行ってくれるのですが、遊び倒せるほどの時間はなかったので、散策して、ソフトクリームを食べて退散です。景色は本当に素晴らしいので、じっくり遊びたい人も立ち寄るだけの人も、期待出来ます。

帰路に就く。そしてまとめ。

帰りはB767でしたかね。1時間10分ほどのフライトで無事に羽田空港に到着です。

それにしてもさすが南国。東京はもう秋の様相ですが、鹿児島はまだまだ夏といった感じでした。気候もさることながら、火山のせいか緑のせいか、どこにでもパワーが溢れる鹿児島県。元気になりたい時は是非おススメです。

リンク


霧島神宮 トップページ


霧島神話の里公園

 

1泊2日で鹿児島旅行に行ってきました。【初日】

羽田から鹿児島へ

息子が生まれる際に、親戚から霧島神宮のお守りを頂いていて、兼ねてから行こう行こうと思っていたお礼参りがてら、一泊二日で鹿児島へ家族旅行に行きました。

f:id:eatmorefish:20140906102013j:plain

9:45羽田発のANA鹿児島行きが今回乗る便です。機材は、初めてのボーイング787。最新鋭機は感動モノでした。

鹿児島のご当地グルメシリーズ

鹿児島空港からレンタカーで一路天文館へ。レンタカー屋で聞いた郷土料理のお店「熊襲亭(くまそてい)」を目指します。

f:id:eatmorefish:20140906133923j:plain

きびなごのお刺身。辛子酢味噌で頂く。熊襲にて)

f:id:eatmorefish:20140906134057j:plain

鹿児島地鶏のたたき。ニンニク醤油で頂く。熊襲にて)

f:id:eatmorefish:20140906134156j:plain

郷土料理「とんこつ」。黒豚は鹿児島県が日本一の産地なのだそうで。美味しかったです。(熊襲にて)

f:id:eatmorefish:20140906150207j:plain

それからお店が変わり、鹿児島名物かき氷の「白熊」。上から見ると確かにシロクマの顔みたい。(むじゃきにて)

霧島へ移動。霧島の温泉はパワーがあるなぁ。

お腹も一杯になったところで、高速に乗って霧島へ。今晩の宿は「旅行人山荘」です。

f:id:eatmorefish:20140907083512j:plain

この旅行人山荘には、硫黄泉と単純泉の二種類の温泉が引かれています。どちらも湯量豊富、温度も抜群に高く、こういうパワフルなお湯は久しぶりで大満足です。

食事処の係の方も大変フレンドリーで、細やかな気遣い。トリップアドバイザーでも、霧島ナンバー1のポジションは伊達じゃない。

楽しいうちに初日は幕を下ろします。

リンク


旅行人山荘 | 公式ホームページへようこそ


旅行人山荘 口コミ・価格比較・予約 - トリップアドバイザー


鹿児島の郷土料理|正調さつま料理 熊襲亭 (くまそてい)


氷白熊(しろくま)の本家 - 天文館むじゃき